検診

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査/胃カメラ)

原則として午前には予約制で上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査/胃カメラ)を行っております。
検査枠に空きがある場合や、上腹部(食道・胃・十二指腸付近)の激しい痛みなどがある場合には当日連絡にて検査をお受けいただくことも可能ですので、電話でお問い合わせください。
また、お仕事などで朝から休みがとれない方も、午後(月・火・水)や夕方(金)の胃カメラ検査を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
当院の内視鏡は、従来のものに比べ非常に細い「細径経口スコープ(口からの胃カメラ)」と、苦痛の少ない非常に細い「経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)」の2つから選択していただけます。
また、胃カメラ検査が苦手な方には、鎮静剤(眠くなる薬)の注射を行っておりますので、これまでよりも楽に検査が受けられます。
※鎮静剤の注射を希望される方は、自動車やバイクなどの運転はご遠慮いただき、検査終了後にしばらく院内で休んでいただきます。

鼻から行う内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)の特徴

負担が少ない
内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さ。従来の内視鏡と比べて、大幅な細径化を実現しました。
おう吐が起きにくい
内視鏡が舌の付け根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
会話ができる
検査中も会話が可能なため、質問したいときには、自由に医師とお話しできます。

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査/大腸カメラ)

予約制で下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査/大腸カメラ)、日帰り大腸ポリープ切除を行っております。
以前に大腸ポリープがあった方、健診での便潜血検査陽性、血便、便秘・残便感などの排便障害、下腹部や肛門周囲の痛みや違和感、貧血・体重減少などの症状が気になる方、近親者に大腸がん・大腸ポリープの患者さんがいる方、40歳以上の方などは検査を受けることが推奨されています。
検査前日より検査食セット(消化のよいレトルト食品)を食べ、就寝前に下剤(少量の水薬と錠剤)を服用していただきます。

検査当日の朝、ご自宅または当院にて、看護師の指導のうえで下剤(腸管洗浄剤)を1~2時間かけて飲んでいただき、午後より内視鏡検査・処置を開始します。
腸管洗浄剤は数種類のなかから味の好みなどで選んでいただきます。
内視鏡スコープは、従来のものより細くやわらかい「PCFファイバー」などを使用し、腹部手術(虫垂炎、帝王切開、婦人科手術など)による癒着がある方には鎮静剤(眠くなる薬)や鎮痛剤(痛み止めの薬)の注射を行いますので、これまでよりも苦痛が少なく検査を受けていただくことが可能です。

日帰り大腸ポリープ切除の特徴

切除が必要な大腸ポリープに対しては、その場で「内視鏡的粘膜切除術(EMR:Endoscopic Mucosal Resection)」などのポリープ切除を行い、切除後の出血予防目的で切除断面のクリッピングを行います。そのため、ポリープ切除目的のために病院施設に再入院する手間が省けます。

PAGE TOP